エンターテインメント ブログランキングへ 忍者ブログ

海賊版 研究日誌

海賊版について、正規品との違いなどをまとめたブログです。

デタラメだらけ? 『ルパン三世vs名探偵コナン』の海賊版

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

デタラメだらけ? 『ルパン三世vs名探偵コナン』の海賊版

前回、HEROの完璧な海賊版について書きました。
今回は『ルパン三世vs名探偵コナン』の海賊版について書こうと思います。

これは去年劇場公開された『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』が先月(6/4)にDVDとBDで発売されましたが、それとは別物の作品になります。
日本テレビ開局55周年と、読売テレビ開局50周年のスペシャル企画として、テレビ放送された映画です。
 

 
まず、パッケージが日本版のDVDジャケットに中国語の説明を載せたコピー。
光沢マット紙のような紙に印刷してあるのですが、ところどころ題字やキャラクターが、エンボスのように浮かせてあり、そこはマットではなくツルツル光沢。
触った感覚はマット紙の上にシールが貼ってあるような感じです(剥がれないのでシールではないようです)。
 

 
中国語字幕が入っているのですが、リージョン2(ヨーロッパ、中東、日本)。
台湾、香港はリージョン3、中国はリージョン6のソフトしか見れないので(リージョンフリーのDVDプレイヤーがあれば話は別ですが)、このソフトは見れないはず・・・。
リージョン2の地域なのにどうして中国語字幕が必要なのか?
日本、中東、ヨーロッパに住む中国人向けなのでしょうか?
 
また、ISBNコード「4988135525840」を検索するとなぜか全く関係のない『陰謀のセオリー』のDVDが出てきます。
何かの間違いなのか? それとも適当に日本のDVDを引っ張ってきて、それを使ったのでしょうか。
 
もしかしたらけっこうデタラメなのかもしれません。
記載は「リージョン2」でもDISCはリージョンフリーで、リージョン3の地域でも見れるのかもしれない。
 
パッケージやDISCなどいたるところに「天影 TIANYING」というメーカー名のようなものが書いてあり、検索すると何やら中国のサイトがいろいろと出てきます。
中国語は分からないし、あんまり深入りするのは怖いので、それ以上追うのはやめましたが、どうやらTIANYING(
田营)というのは中国の界首市(Jieshou)にある町の名前のようです。
 
 

 
この海賊版DVDはクリアファイルのような素材の封筒のようなものに入っています。
その中にジャケットが入っており、さらにそれにDISCが入った厚紙光沢紙の封筒のようなパッケージが挟まっており、それを開けるとビニールに入ったDISCが出てきます。
ちょっとしたマトリョーシカ状態です。
また特典なのか、ジャケットと全く同じ厚紙(折る前の状態のポスター?)も入っています。
 

   

 
DISCはきれいで、前回書いたHEROのDVDのように謎の目印?(接着剤の塊のようなもの)はありません。
 

 
再生してみると、映像はきれい。
しかし、最初の風景のシーンではあまり分かりませんでしたが、キャラクターが出てくると、何か違和感が。
弱冠解像度が低い気がします。サイズの違う映像を拡大したのか、線がイビツです。
正規品と見比べていない為、ハッキリとしたことは言えませんが、元々、名探偵コナンの画風自体が線が細く、直線的なので、目立って見えました。
 
このDVDはパッケージからして海賊版だと分かります。
安く日本製のDVDソフトを買いたいという人に向けて作られ、買う側もおそらく海賊版だと承知で買うのでしょう。
 
これらの商品を購入することは犯罪に加担していることになります。
本来の創作者たちの権利を侵害、更なる作品の創作を阻む行為でもあります。
 

エンターテインメント ブログランキングへ

拍手[1回]

PR

コメント

カテゴリー

P R

プロフィール

性別:
非公開